omniture
PR Newswire: news distribution, targeting and monitoring

JA Solarの両面受光型単結晶PERC二重ガラスモジュールがTUV Rheinlandの太陽光発電に関する認証を受ける

2018-06-08 13:27

【北京2018年6月8日PR Newswire=共同通信JBN】世界最大の高性能太陽光発電製品メーカーの1つであるJA Solar Holdings Co., Ltd.(Nasdaq: JASO)(以下「JAソーラー」)は8日、同社の両面受光型単結晶PERC二重ガラスモジュールの発電能力が国際的な権威のある試験検査機関TUV Rheinlandによって認証されたと発表した。PERCモジュールは、Qinghai Yellow River Hydropower Chen Yangの太陽光発電プラントに設置され、TUV Rheinlandによって185日間(2017年10月14日から2018年4月16日まで)検査、分析、検証された。JAソーラーの5.5 MWの両面受光型単結晶PERC二重ガラスモジュールは、同じ1軸追跡技術を使用している従来型の単結晶モジュールに比べて10.5%増の発電量を示した。

JAソーラーの両面受光型単結晶PERC二重ガラスモジュールの優れた性能特性は、同社のPERCセル(太陽電池)によるものである。PERCセルの後ろ側は拡散・反射日光を集め、さらなる発電をもたらすことができる。この方法は均等化発電原価(LCOE)を最小限に抑える効果的な方法として認識されている。5.5MWのJAソーラーの高効率単結晶PERCモジュールを備えたQinghai Yellow River Hydropower Chen Yangの太陽光発電プロジェクトは、両面受光型単結晶PERC二重ガラスモジュールを使った世界初の大規模プラントである。

JAソーラーはPERCの特許権者として引き続き研究・開発を行い、先端的なPERC製品ソリューションを提供する。JAソーラーは2017年第1四半期に両面受光型単結晶PERC二重ガラスモジュールの大量生産を実現した。PERCモジュールは高出力を生み出すだけでなく、二重ガラス構造により、損耗、摩耗、腐食への耐性、並びに水透過性ゼロなどの魅力的な特性を備えている。これらの特性のため、JAソーラーの高品質PERCモジュールは、砂漠・海岸気候で見られる高温度、高湿度のような極限環境条件の下で使用され、信頼性のある安定した発電をもたらすことができる。

詳しい情報はwww.jasolar.com を参照。

▽問い合わせ先

Xiaorui Sun
+86-10-6361-1888 x1698
bj.sunxr@jasolar.com

Source: JAソーラー・ホールディングス
Related Links:

Related stocks: NASDAQ-NMS:JASO

Featured Video

Related Keywords:

Alternative Energies

Computer/Electronics

Electronic Components

Environmental Products & Services

Green Technology

Oil/Energy

Utilities

Advanced Search
Search
  
  1. Products & Services
  2. News Releases
  3. Knowledge Center
  4. Journalists & Media
  5. Multimedia Theater
  6. Contact Us