omniture
PR Newswire: news distribution, targeting and monitoring

JAソーラーがメキシコに新たに404MWのPVモジュール供給

2018-08-06 12:35

【北京201886PR Newswire=共同通信JBN】高性能太陽光発電製品の世界大手メーカーであるJA Solar Holdings Co., Ltd.(以下JA ソーラー)は3日、メキシコのプエルトリベルタにある太陽光発電(PV)所に404MWの高効率PVモジュールを供給すると発表した。

このプロジェクトは、この地域で最大の公益事業級の太陽光発電所の1つであるTuto Energyとの合弁事業である世界的なエネルギー企業ACCIONA Energyによって開発された。プロジェクトにおける発電は、年間963GWhに達する見込みであり、地域への二酸化炭素排出量は925443メートルトンまで減らすことができると期待され、この地域の再生エネルギーの利用が促進されるだろう。

プロジェクトは、メキシコのソノラ砂漠地帯にあり、高い気温、紫外線照射、砂嵐という過酷な環境条件下で実施される。その結果、このような地域に展開されるソーラーモジュールには、高い信頼性が厳しく求められる。JAソーラーの製品は、干ばつや砂嵐のテスト、乾いた暑さや湿った蒸し暑さのテストを含めて各種の耐久・環境試験に合格しており、このような厳しい条件にも十分な性能を発揮して、発電量を増やす力強い保証を提供する。

ソーラー製品の優れた性能によってJAソーラーはまた、Sempra Energyの子会社であるメキシコの評価の高いエネルギー企業IEnovaと緊密な協力関係を築くことができ、ソノラ砂漠での同社プロジェクト向けに200MWのソーラーモジュールを供給する。

JAソーラーのツァオ・ボー副社長は「われわれはメキシコの業界展望とソーラーエネルギー開発を楽観視している。われわれは2017年に、当社のプレゼンスを拡大し、地域の顧客とパートナーを支援するため、メキシコに子会社を設立した。JAソーラーは引き続き、地域市場のシェアを拡大することに注力し、より信頼できるPVモジュールと質の高いサービスを顧客に提供し続ける」と語った。

▽メディア問い合わせ先

Xiaorui Sun
+86-10-6361-1888 x1698
bj.sunxr@jasolar.com

Source: JAソーラー・ホールディングス

Related stocks: NASDAQ-NMS:JASO

Featured Video

Related Keywords:

Alternative Energies

Computer/Electronics

Electronic Components

Environmental Products & Services

Green Technology

Oil/Energy

Utilities

Corporate Expansion

Advanced Search
Search
  
  1. Products & Services
  2. News Releases
  3. Knowledge Center
  4. Journalists & Media
  5. Multimedia Theater
  6. Contact Us